読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュガー・ラッシュ





2作連続アニメ作品になってしまいました!
今回はディズニーアニメーションから『シュガー・ラッシュ』です(^o^)/







監督はリッチ・ムーア。『ザ・シンプソンズ』シリーズの監督をされてる方みたいです!
いつも主演と共演を数人紹介してるんやけど、この場合誰を紹介すればいいんでしょう?笑
日本語吹替版で観たので、そちらの声優陣を一応紹介させていただきます!笑
主人公のラルフ役は山寺宏一!共演(?)にヴァネロペ役の諸星すみれ、あと芸人から友近森三中ハリセンボンの皆さんも出演されてます!




〜あらすじ〜

ゲームセンターに置かれているゲームの1つ、「フィックス・イット・フェリックス」で悪役を演じるラルフは、友達もおらずゴミ溜めで睡眠をとっている。
そんなある日、フェリックスやマンションの住人たちがゲームの30周年記念パーティーを開催するが、パーティーの存在すら知らされていなかったラルフ。自分もゲームの登場人物なのでパーティーへ参加しようとしますが、住人たちと口論になり、ヒーローにだけ与えられるメダルを獲得することができればマンションの一室をあげると言われ、別のゲームへ参加してメダルを獲得することを決意するが...












この映画は別に観たいと思っていなかったのですが、やっぱり観てみると設定がさすが!
日本でもおなじみの、クッパパックマンストリートファイターのキャラクターなんかも出ていて、すごく楽しいです♪
そしてゲームごとにキャラクターの解像度や雰囲気も全然違うので、すごい違和感があって、でもそれが新鮮で面白かったです!




クレヨンしんちゃん』の野原ひろしの名言として広まっている(実際は違うらしい)「正義の反対はまた別の正義」という台詞がすごく当てはまる映画だなあーと感じました。

この映画の主人公ラルフはゲームの中では悪役で、マンションの住人にも怖がられていますが、実際は心優しいキャラクターなんですよね。

壊したくて壊してるわけじゃないのに、ゲームの設定やから壊さないといけなくて。
子供達に楽しんでもらうために一生懸命続けているのに、怖がられて...


そんな状況でも、違うゲームに参加しながら、ヒーローになることより大切なことを学んでいくラルフはとてもかっこよかったです!!




ディズニーにハズレはないと思っているんですが、今回もバッチリ決めてくれました☆
大人でもお子さんでも楽しめる映画だと思うので、ぜひ観てみてください(^o^)/