読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリー・ポピンズ

今日は『メリー・ポピンズ』を観ました!



ディズニーの名作ですね(^o^)/
恥ずかしながら私初めて観ました!!

監督はロバート・スティーヴンソン。数多くディズニー映画の監督をされてるらしいですが、私が知ってる作品は『メリー・ポピンズ』だけでした。すみません。
主演はジュリー・アンドリュース。『サウンド・オブ・ミュージック』で主演のマリアを演じた彼女です!ミュージカル界の重鎮!
共演はディック・ヴァン・ダイクやデヴィッド・トムリンソンなどなど。



〜あらすじ〜

バンクス家の幼い姉弟はいたずら好きで教育係はいつもすぐに辞めてしまう。新たな教育係募集の広告をこの姉弟が自ら書いたところ、希望通りの教育係メリー・ポピンズが風に乗ってやってくる。メリー・ポピンズの魔法で3人は数々の冒険に出かける、心弾むファンタジー。







1964年に製作されたこの作品。2013年『ウォルト・ディズニーの約束』で舞台裏が描かれ、話題になりましたよね(^_^)
私はその時も見逃し結局今になってしまったのですが、、、

感想は一言で言うと、ディズニーの世界観が詰まった作品だと思いました!
厳格な父の元で、厳しく育てられた姉弟がメリー・ポピンズに今まで知らなかった世界を教えられながら人間的に成長していく様子が描かれています。そして厳格だった父もメリー・ポピンズによって、大切なことを学んでいく...
ディズニーによくあるお話ですが、私は大好きです!
あとはミュージカル映画だけあって、歌がどれも素敵です!「チムチムチェリー」なんかはとても有名ですよね(^_^)♪


あと私がさすが!と思ったのは、1964年の作品とは思えないCG?合成?技術です!
同じくディズニー映画『魔法にかけられて』ではアニメの登場人物が現代社会に来るのですが、この作品では逆で、メリー・ポピンズたち人間がアニメの世界に入って行くシーンがあります。ディックが演じるバートがペンギンたちと一緒にタップダンスをしたりね♪


これこそディズニーの世界観ですよね!
こんな古くからブレずに世界観を保ち続けてるディズニーはさすがです。あっぱれ。



先ほども述べましたが、ミュージカル映画ですので苦手な方もいらっしゃるかと思います。
ミュージカルが好きな方はぜひ観てみてください!後悔はしないはずですので!